レンタルオフィスを借りたくなる情報サイト

レンタルオフィスのデメリットも紹介

内装などの変更が出来ない

レンタルオフィスというのは文字通りレンタルしているオフィスです。つまりは、基本的に自分達専用の物ではなく、誰かしらが所有をして貸している形のオフィスなのです。
ここからレンタルオフィスのデメリットというのは出てきます。
それは、やはり内装やインターネットや機器の関係が変更を出来ないことなのです。
レンタルオフィスを借りて実際に使用してみると不都合なことが必ず1つは起きると思います。
思ったよりもインターネットの回線が遅かったり、デスクが足りなかったり、部屋の広さが思ったよりも狭くて大人数で使うのは厳しかったり、色々あると思います。
なので、こういったデメリットを引き起こさないためにどういった所でオフィスをレンタルするかは必ずチェックしておく必要があるでしょう。

オプションを頼みすぎると失敗する

レンタルオフィスには色々なオプションがある場合が多々あります。
例えば、会議室の利用や、電話の代行をしてもらうような色々と助かるオプションです。
しかし、これらのオプションはそれぞれ結構なコストがかかります。
もちろん自分達には必ず必要というオプションだけをとったり、出来るだけコストを削減するために少しでもいらないと思ったオプションは切り捨てたりなどしっかりとコストを節約していけば特に困ることはないでしょう。
しかし、レンタルオフィスが物足りないからといって色々なオプションを次々に付けてしまうと、コストがどんどんと膨れ上がっていき、レンタルオフィスを借りること自体がデメリットになる可能性もあります。
自分達自身で回避できるデメリットではあるので、しっかりと注意しましょう。


TOPへ戻る